[PR]

 列車の取り扱い説明書や図面集を盗んだとして、福岡県警は30日、北九州市小倉北区下到津3丁目、JR九州社員清水雅志容疑者(54)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。盗んだ図面などはネットオークションに出品していたという。

 小倉北署などによると、清水容疑者は3月中旬から9月21日までの間、勤務先であるJR九州小倉総合車両センター(北九州市小倉北区金田3丁目)で列車の資料9冊を盗んだ疑いがある。「間違いない」と、容疑を認めているという。

 資料は在来線の寸法や図面などが載っていて、非売品。JR九州のグループ会社の社員がネットオークションに出品されていることに気づいて発覚し、JR九州が被害届を出していた。

 JR九州は「大変遺憾であり、今後、会社として事実確認を行い、厳正に対処したい」とコメントした。(狩野浩平)