[PR]

 東京・銀座の「資生堂パーラー銀座本店」が11月1日、2カ月がかりの改装工事を終え、レストランや菓子売り場が新装オープンする。増加する訪日客に対応するため中国語を話せる店員を増やし、免税コーナーも設けた。本店限定商品の包装も一新した。

 銀座本店は1902(明治35)年、資生堂薬局(当時)の一角にソーダ水を扱う「ソーダファウンテン」として誕生。28(昭和3)年には「資生堂アイスクリームパーラー」としてレストランを本格的に始めた。レストランでは、「ミートクロケット」(コロッケ)やカレーといった伝統のメニューを、売店ではチーズケーキやクッキーなどの洋菓子をそろえ、銀座の名所の一つになっている。

 10月31日にあった報道陣向…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら