[PR]

 ラグビーワールドカップに出場したウルグアイ代表選手らが、熊本でのウェールズ戦に敗れた後の14日未明、熊本市中央区のクラブで店内の備品を壊し、店員にけがをさせたとされる騒動で、クラブ側が30日、ウルグアイの選手やスタッフを器物損壊容疑で熊本中央署に告訴した。

 クラブの運営会社代表や店長、代理人弁護士らが同日、同区の熊本中央署を訪れて告訴状を提出した。代理人を務める岸本大樹弁護士によると、告訴状には、ウルグアイの選手やスタッフがクラブのDJ機器3台やノートパソコンなど100万円相当の備品を壊すなどして店に損害を与えたことを記した。対応した署員は、大使館を通して選手らに事情を尋ねる方向で捜査を進めると話したという。

 会社代表の男性は「謝罪をせず…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら