[PR]

 台風19号による豪雨災害では、茨城県内でも2人が死亡し、1人が行方不明のままだ。大子町では、一人暮らしの元教師の女性(91)が浸水した自宅の1階で亡くなった。近くの住民らは「強引に連れ出すべきだった」と悔やんでいる。

 台風が通過した先月12日夜、久慈川などが氾濫(はんらん)し、大子町役場を始め多くの住宅が浸水した。久慈川沿いに住む女性は13日午前8時ごろ、台所で心肺停止の状態で見つかった。1階は高さ165センチまで浸水しており、死因は水死。2階には布団が敷いてあった。

 女性は災害時などに支援を必要とする「要支援者」に登録されており、複数の住民らが避難を呼びかけるため、12日昼から夜にかけ女性宅を訪れた。女性と親しかった近くの70代女性によると、親族が避難を呼びかけたが「大丈夫」と答えたという。1人で杖をついて歩く姿を時折見かけたといい、「誰の世話にもならず1人でがんばるという信念があったんだと思う」と話す。

 最後に訪れたとみられるのは5…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら