米国務副長官にビーガン氏を指名 米朝交渉担当は継続か

有料記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 トランプ米大統領は10月31日、米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表を国務副長官に指名した。米上院の承認を得て就任する。ビーガン氏は国務省でポンペオ国務長官に次ぐナンバー2の地位に就くことになる。

 ビーガン氏は駐ロシア大使に指名されたサリバン国務副長官の後任となる。ビーガン氏は元米自動車大手フォード・モーター副社長で、昨年8月に北朝鮮政策特別代表に就任。米朝実務協議をめぐり、米側の責任者を務めてきたが、ハノイでの2回目となる米朝首脳会談は決裂するなど、成果は出せていない。

 ポンペオ米国務長官は同日…

この記事は有料記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!