[PR]

 全国の動物園で、飼育手順をマニュアル化する動きが広がっている。きっかけは、相次ぐ動物の脱走や事故だ。これまでは先輩からの引き継ぎや経験則を重視してきたが、管理態勢の強化を目指す。

 近年、動物園はトラブル続きだ。大阪市の天王寺動物園では今月3日、鳥のワライカワセミの「アキーゴ」が一時、行方不明になった。イベントのために園外に連れ出していたところ、脚につながれたロープの金具が劣化で壊れ、逃げ出した。動物園は劣化に気付かなかったという。9月下旬にもカリフォルニアアシカの赤ちゃん「キュッキュ」が下水管に流され、一時行方不明に。飼育員が排水口のカバーが外れているのに気付かず、水を抜いたのが原因だった。

 名古屋市の東山動植物園では5…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら