【動画】岡崎公栄被告が乗り込んだ車は、検察事務官をはねて逃走した=近隣住民提供の防犯カメラ映像から
[PR]

 ひき逃げ事件で収容される予定だった岡崎公栄(きみえ)被告(49)が大阪地検岸和田支部に出頭後、軽乗用車で逃走した事件で、大阪地検は1日、大阪府和泉市で岡崎被告を確保したと明らかにした。車を急発進させて検察事務官をはねたとして、息子の野口仁容疑者(30)を公務執行妨害と傷害の疑いで逮捕し、発表した。地検は1日夕岡崎被告が改姓し、現在は野口姓だったと修正した。

 捜査関係者によると、2人は共謀して10月30日午前10時50分ごろ、大阪府岸和田市上野町東の地検岸和田支部前の路上で、息子が運転する軽乗用車に乗り、車を制止しようとした20代の男性事務官をはね、手や腕に1週間のけがを負わせた疑いがある。

 捜査関係者によると、2人が確保された場所は、同府和泉市の市営団地の一室で、知人宅とみられるという。

 地検の説明では、野口被告は10月30日午前、仁容疑者が運転する軽乗用車で地検岸和田支部に出頭し、刑事施設への収容について検察官から説明を受けていた。野口被告から車に荷物を取りに行きたいと申し出があり、検察官が許可して、検察事務官4人が付き添って庁舎の外に出たが、野口被告は隙を見て、支部近くの路上に待機していた軽乗用車の助手席に乗り込み、車は急発進して逃走した。

 野口被告は同府和泉市の交差点で昨年7月、無免許で車を運転中、小学生が乗った自転車をはねて軽傷を負わせて逃げたとして、今年2月に自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)などの罪で起訴され、翌3月に保釈された。野口被告は5月の初公判には出廷したが、その後の公判に姿を見せず、10月15日に保釈が取り消され、地検岸和田支部が収容のため出頭を求めていた。