[PR]

 バリアフリーの旅、檜山で楽しんで――。檜山地方で、障害のある人たちを対象とし、観光に来てもらおうという様々な取り組みが進んでいる。モニターツアーが実施され、バリアフリー対応の観光施設の情報を集めたパンフレットもできた。取り組みを後押しする道檜山振興局の千葉修くらし・子育て担当部長は「バリアフリーを打ち出して観光客を誘致するだけでなく、地域ぐるみで障害者や福祉への意識を高めていく狙いもある」と話す。

 道檜山振興局は10月31日、今金、せたな両町の障害者や高齢者を対象に、バリアフリーの日帰りバスツアーを企画した。車いす使用者3人を含む13人が参加。車いす用の昇降装置を備えた車両を含むバス2台に分乗し、江差町の江差追分会館・江差山車(やま)会館、ぷらっと江差、乙部町のバリアフリーホテルあすなろ、元和台海浜公園などを訪れた。いずれも、トイレやスロープなど、車いすの人が利用できるバリアフリーの設備がある。

 振興局がバリアフリー観光に取り組むきっかけになったのは、閉鎖された乙部町内の元ホテルの譲渡を受けた江差福祉会が2015年、「バリアフリーホテルあすなろ」を開業したことだった。建物内の段差をなくし、車いすのまま入れる浴槽を設けるなどの改装を施した。

 「移動に支障があって旅をあき…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら