[PR]

 2020年度から始まる大学入学共通テストでの英語の民間試験活用が、延期されることになった。準備を進めていた県内の高校生や大学関係者にも、戸惑いや驚きが広がった。

 延期が発表された1日は、大学入試センターで受検に必要な「共通ID」の申し込みが始まったが、中止になった。「放課後に先生から言われてびっくりした。ID登録の準備も終わっていたのに」と富山中部高2年の女子生徒(17)。「あるあると言われてGTECの対策をしてきた。残念」と話した。

 富山高2年の女子生徒(17)は「もう振りまわさないでほしい」と訴える。

 民間試験を利用する予定だった富山国際大の担当者は「びっくりした。文部科学省は少し走りすぎている気がしていた」。利用しない予定だった高岡法科大の担当者は「変わる変わると言われてきた高校生は、肩すかしを食った気分だろう」と話した。(田島知樹)