[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式ライセンス商品を扱う山梨県内初の常設店舗「東京2020オフィシャルショップ甲府店」が今月から、甲府市中小河原1丁目のコジマ×ビックカメラ甲府バイパス店2階にオープンした。大会組織委員会が設置し、来年9月末まで営業する。

 約50平方メートルの売り場には、大会エンブレムのついたTシャツやタオルなど約1千種類が並ぶ。公式マスコット「ミライトワ」や「ソメイティ」のぬいぐるみが人気という。

 1日のオープン初日に訪れた甲府市の会社役員の男性(65)はさっそく大会エンブレムの入ったゴルフ用品を買った。「種類が豊富で値段もそこそこ。大会に興味を持つきっかけになり、機運が高まると思う」と話した。(平畑玄洋)