【動画】三谷水産高校で深海魚メヒカリの調理実習=宮沢崇志撮影
[PR]

 沖合底引き網漁の水揚げがある愛知県蒲郡市では多種類の地魚が流通している。最も親しまれているのが、から揚げにして食べる深海魚「メヒカリ」だ。傷みが早く、地元でも生の状態で出回ることが少ないメヒカリの調理を、県立三谷(みや)水産高校の生徒たちが体験した。

 食品製造販売会社「まんてん」(同県豊橋市)の黒田孝弘社長が調理実習用のメヒカリを提供した。同社は学校給食用にメヒカリのから揚げを作っている。漁船に同乗してきたばかりの黒田社長は、生徒たちに「メヒカリは栄養価の高い深海魚。生きたメヒカリを持ち帰るのが目的だったけれど、水圧の変化で網を揚げた時には死んでしまっていて、今回は失敗でした」と話した。

 メヒカリはホロホロと崩れるような身の軟らかさが特徴で、油で揚げると骨も気にならない。蒲郡では頭を切り落として揚げる調理法が中心だ。生徒たちは包丁でウロコと頭を落とし、粉をまぶして揚げる手順を学んだ。

 調理を指導した近藤晃代教諭は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く