[PR]

 広島県福山市に、中学生が対象の硬式野球クラブが来春設立される。総監督やコーチには元プロ野球選手が就任。関係者は、将来の甲子園球児らの輩出をめざし、地域活性化にもつなげたいと願う。

 クラブは、市民球団「福山ローズファイターズ」を運営するNPO法人・福山スポーツ雇用サポートセンターが、球団の下部組織として設立する「福山ローズファイターズ U―15クラブ」。初年度は新1年生の15~20人ほどを募集する。

 総監督には、福山電波工業高(現・近大付属福山)を経て、ヤクルトや巨人などで投手として活躍した浅野啓司さん(70)が就く。浅野さんは関東在住でプロ球団のコーチなどを歴任してきたが、今年5月に半世紀ぶりに福山市で住民登録をしたという。「野球で故郷に恩返しをしたい。そして野球を通じて『福山が大好き』という心を持つ大人になってくれたら」

 さらに、南海(現・ソフトバン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら