[PR]

 2020年度から行われる大学入学共通テストに使われるはずだった、英検やGTECなど英語民間試験の利用が1日、延期されることになった。高2生にとっては、システムのID登録の受け付けの初日の延期発表。国は24年度実施に向け見直すというが、どう見直せばいいのか。受験生は今後、どうすればいいのか。駿台教育研究所の石原賢一進学情報事業部長に聞いた。(宮坂麻子)

 延期はいいが、受験生にとっては、「これで英語民間試験を受けなくてよくなった」と、素直に喜べる状況には全くないことを、まず伝えたい。新しい大学入学共通テストの英語は、民間試験を使うことを前提に組み立てられてきた。

 これまで大学入試センター試験にはあった発音やアクセント、語句整序などの単独問題は、共通テストでは出題されない予定だった。これは再び出題されるのか。筆記試験200点、リスニング50点だったセンター試験の配点を、共通テストでは、リーディング100点、リスニング100点に変える予定だったが、その配点は元に戻すのか。共通テストの英語だけの問題ではない。

 国公立大の中には、首都大東京…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら