消費増税より台風の影響大か 10月の新車販売が大幅減

有料記事

森田岳穂
[PR]

 10月の国内の新車販売は31万4784台で、前年同月比24.9%減だった。9月の同12.9%増から一転して大幅なマイナスだ。10月からの消費増税の反動にも見えるが、実際は反動減はあまり出ておらず、むしろ台風や大雨の影響で販売店への客足が激減し、一部の販売店は被災して営業活動に支障をきたした面が大きいようだ。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した。

 軽自動車をのぞく登録車の販…

この記事は有料記事です。残り410文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!