[PR]

 10月31日未明の火災で正殿などが全焼した首里城(那覇市)の復旧を支援するため、日本航空(JAL)グループは1日、マイレージバンク会員にマイルによる寄付を呼びかけることを明らかにした。

 会員が保有する3千マイル(3千円相当)を1口として7日~12月22日、JALのサイトで受け付ける。集まったマイルに相当する額を寄付する。他にグループとして1千万円を沖縄県が開設する予定の口座へ寄付する。

 JAL広報部の担当者は「沖縄は1954年に初就航して以来、長く関わってきた地域。県民のショックや悲しみが大きいと聞き、少しでも寄り添い、助けになりたいという思いがある」と話す。(安田桂子)