[PR]

 第41期女流王将戦三番勝負(囲碁・将棋チャンネル主催)の第3局は1日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、挑戦者の西山朋佳女王(24)が里見香奈女流王将(27)=女流六冠=に131手で勝ってシリーズ2勝1敗でタイトルを奪取、女流二冠になった。女流タイトル七つのうち六つを保持していた里見は五冠に後退した。

 終局後、西山は「なかなか想定通りにならず、対応力を求められる将棋が多かった。成長させていただいたシリーズだった」。里見は「方針がちぐはぐだったりすることが多く、迷いが生じる場面が多かった」と話した。西山は棋士養成機関の奨励会三段リーグに在籍し、マイナビ女子オープン(称号・女王)で2連覇している。先月30日に開幕した第9期女流王座戦五番勝負でも里見に挑戦しており、第1局を制している。(村上耕司)