日産の内田新社長、12月1日就任へ 新体制を決定

[PR]

 日産自動車は1日、臨時取締役会を開き、新たな執行体制を決めた。12月1日付で内田誠・専務執行役員が代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)に昇格し、代表執行役COO(最高執行責任者)には、三菱自動車代表執行役COOのアシュワニ・グプタ氏が就く。COOの補佐役として関潤・専務執行役員が執行役副COOに就く。

 日産では報酬不正問題で西川広人社長兼CEOが9月に辞任。10月8日の指名委員会と取締役会で内田氏らのトップ人事を内定し、その後、他の執行役を含む新体制や就任日などについて調整が進められていた。

 他の主要役員では、執行役CFO(最高財務責任者)にスティーブン・マー常務執行役員が就き、軽部博・現CFOは退任。執行役副社長にホセ・ルイス・バルス専務執行役員(北米日産社長)が就き、川口均副社長は退任する。