[PR]

 車いすのまま乗れるはずのユニバーサルデザイン(UD)タクシーで相次ぐ乗車拒否。障害者団体が10月末に実施した調査でも、乗車を拒まれた例が多くあった。実態を確かめようと、障害者向けの自立支援センター代表を務める岡本直樹さん(36)の調査に同行した。

 岡本さんがまず調べたのは、街中を走っている「流し」のタクシーだ。水曜日の10月30日、職場最寄りの京王線府中駅(東京都府中市)に近い車通りの多い幹線道路で、UDタクシーを探すことにした。

 岡本さんは、筋肉の力が衰える難病「筋ジストロフィー」を患い、手元のスティックで操作できる電動車いすを使っている。手を挙げてタクシーを止めることが難しいため、「UDタクシー乗ります」と書かれたプラカードを抱え、午前9時半から車を待った。

 平均すると1~2分に1台ほど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら