[PR]

 謎の路上芸術家、バンクシーの後ろ姿をとらえたとみられる写真が、英メディアに公開された。バンクシーの作品の撮影や車の運転などを担当していた写真家のスティーブ・ラザリデスさんが、近く出版する著書に掲載する予定という。

 バンクシーは英西部ブリストルの出身とされるが、メディアには登場せず、謎が多い。英PA通信などによると、ラザリデスさんは1997年から11年間、バンクシーとともに仕事をした。著書のタイトルは「バンクシー・キャプチャード(バンクシーをとらえた)」で、作品を描いている様子などをとらえた写真が複数枚収められている。ラザリデスさんは「一緒に働いた11年間は輝かしく、ルールブックに書いてあるすべてのルールを破った」などと語っている。

 今回公表された写真では、男性が壁に何かを貼り付けているように見える。バンクシーらしき人物を見たことがあるというBBCの記者は「くしゃくしゃの濃い色の髪で、この写真に似ていた」としている。(ロンドン=下司佳代子)