旋風起こしたベト氏、大統領レース脱落 民主撤退8人目

有料記事

デモイン=土佐茂生
[PR]

 2020年の米大統領選に向けた野党・民主党の候補者指名争いで、テキサス州出身のベト・オルーク元下院議員(47)は、選挙戦から撤退することを明らかにした。オルーク氏は昨年の中間選挙で「ベト旋風」を起こして、「新星」と期待されたが、大統領選では支持が伸び悩んでいた。民主党で撤退した候補者は8人目、候補者数は17人となった。

 民主党の会議が開催されるアイオワ州デモインで演説したオルーク氏は「私はこの選挙活動において、物事を直視し、正直に話し、そして決断力をもって行動することに誇りをもっていた。しかし今、はっきりさせる必要がある。私はこの選挙活動を成功させることはできない」と述べ、撤退を明らかにした。

 オルーク氏は「これで私の選…

この記事は有料記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。