[PR]

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀フットボールクラブくノ一は2日、ホームの上野運動公園競技場(三重県伊賀市小田町)でINAC神戸レオネッサ(兵庫県)と最終の第18節で対戦し、3―3で引き分けた。今シーズンの通算成績は7勝5敗6分けで、10チーム中4位。キャプテンのMF杉田亜未選手は試合後、観客に向けて「来年は優勝をめざして頑張る」と誓いの言葉を述べた。

 兵庫県内からも多くのファンが駆けつけ、この日の観客数は1147人。試合は前半10分に神戸に先制されたが、14分に相手ゴール前の混戦から、MF下條彩選手が左足でシュートを決め、同点に追いついた。さらに25分、杉田選手がこぼれ球を豪快に右足で蹴り込み、2―1と勝ち越した。

 同点に追いつかれた直後の前半33分、FW森仁美選手が蹴ったボールはゴール隅に吸い込まれ、再び3―2と勝ち越し。しかし、39分に失点し、3―3で前半を終えた。後半は両チームが好機をつくり出したが、相手に阻まれる一進一退の攻防が続き、そのまま引き分けた。

 試合後、選手たちはファンとの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら