[PR]

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)への原子力艦船の入港回数が2日、1966年の初寄港以来、通算で1千回に達した。入港したのは原子力空母ロナルド・レーガン(乗組員4696人)で、原子力艦の入港に反対する市民団体は抗議の声をあげた。

 海上保安庁の巡視艇や、平和団体「ヨコスカ平和船団」のヨットが見守るなか、空母レーガンは2日正午過ぎ、ゆっくりと横須賀港に入り、12号バースに着岸した。9月14日に出港してから、フィリピン海などでパトロールや訓練をしていたとみられる。

 「1千回入港は安全の証明ではない」「入港抗議」

 基地前には2日夜、抗議のカードを手にした人たち約50人が集まり、入港に抗議する声明文を基地側に手渡した。

 非核市民宣言運動・ヨコスカの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら