フィギュア友野、出遅れ6位 「SPは苦手意識あって」

有料記事

吉永岳央
[PR]

 フィギュアスケートの西日本選手権は2日、大津市滋賀県立アイスアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、友野一希(同大)は65・14点で6位と出遅れた。首位は山本草太中京大)で、75・05点。フリーは3日に行われる。

 「弱気になったわけじゃないけど、ちょっと慎重にいきすぎたかも。思い切りが足りなかった」と友野。演技を終えると右手で頭をたたくようなしぐさを見せた通り、反省の詰まったSPとなった。

 直前の6分間練習では成功し…

この記事は有料記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]