[PR]

 戦後初めて日本人でマッカーサー元帥の伝記を出版した静岡県掛川市出身の新聞人、山崎一芳氏。これまで山崎氏の詳しい経歴などは分かっていなかったが、静岡福祉大(焼津市)の進藤令子図書課長が当時の雑誌記事などを収集し、経歴などを展示している。

 1900年生まれの山崎氏は終戦の45年に伝記「マッカーサー元帥」(丹頂書房)を出版。生い立ちや性格、エピソードなどが書かれている。47年にフレーベル館から出された同じ書名の絵本にも「企画」として関わった。ともにGHQ(連合国軍総司令部)の検閲を受けて、出版した。

 57年に浜松市の「自治タイムス社」が発行した雑誌「東海展望」に山崎氏の詳しい経歴が書かれた記事が掲載されていた。「静岡県が生んだ偉大なる新聞人」と見出しが付けられた記事によると、掛川市出身の山崎氏は複数の新聞社での勤務を経て35年に「皇国経済研究所」を設立、雑誌「皇国経済」を出した。終戦後、戦時中の言論活動を問われて公職追放された。

 その後、マッカーサーと面会。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら