ポスト安倍候補2人が花植え「自分だけ枯れたら嫌だな」

有料記事

菊地直己
[PR]

 来年、どちらがきれいな花を咲かせるか――。小泉進次郎環境相と河野太郎防衛相という「ポスト安倍」候補に名前が挙がる2人の間で、お互いの未来を占うかのようなやりとりがあった。

 2人は2日、東京・新宿御苑で開かれている環境省主催の「菊花壇展」を視察。咲き並ぶ菊を観賞した後、それぞれ鉢植えに菊の苗を植えた。水をやりながら、「どちらもきれいに咲くといいですね」「自分だけ枯れたら嫌だなぁ」などと話し、笑い合った。

 小泉氏によると、環境省主催の行事に防衛相が参加し、両省トップが一緒に公務を行うのは異例。菊好きの河野氏が同展に興味を持っていると耳にした小泉氏が声をかけたという。2人は同じ神奈川県の選出。安倍政権の実力者である菅義偉官房長官に近く、自民党総裁を務めた父を持つなど共通点が多い。

 視察後、小泉氏は記者団に「…

この記事は有料記事です。残り143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!