[PR]

 トヨタ自動車の豊田章男社長は2日、4日まで開催中の東京モーターショーの有料入場者数が、目標として掲げた100万人に到達するとの見通しを示した。車以外の展示を増やすなど、異例ともいえる新たな試みが奏功した形だ。

 東京モーターショーは、東京・有明の東京ビッグサイトで10月24日に開幕。ショーの入場者は、ピーク時の1991年に200万人を超えたが、最近は右肩下がりで、前回2017年は77万人。「地盤沈下」と指摘される中、ショーを主催する日本自動車工業会の会長でもある豊田社長は、今回の入場者を100万人にする目標を掲げていた。

 自工会は今回、車ファン以外の層を呼び込むため、様々な試みを行った。

 子ども向けテーマパーク「キッザニア」による自動車業界の仕事や、電動スクーター試乗など体験コーナーを複数設置。パナソニックやNTTなど自動車メーカー以外も参加して「近未来の体験」ができると前面に打ち出した。入場無料は中学生から高校生に広げ、多数の車を展示する無料エリアも拡大した。

 豊田社長はこの日、東京モーターショーで開かれた同社の副社長5人とのトークイベントで「100万人達成は、たぶん本日できると思う」と述べた。その後、報道陣に対し、東京モーターショーが「100万人が集まる日本のものづくりのイベント」になるとした上で、「世界に向けていろんな発信ができるスタートになった」と話した。(千葉卓朗)