文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿で行われた。天皇陛下が、ノーベル化学賞を受賞する旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)ら受章者6人に勲章を贈った。

 出席したのは、吉野さんのほか、数理工学の甘利俊一・東京大名誉教授(83)、免疫学の坂口志文(しもん)・大阪大特任教授(68)、政治学の佐々木毅(たけし)・東京大名誉教授(77)、写真家の田沼武能(たけよし)・全日本写真連盟会長(90)、「狂言」人間国宝の野村萬(まん)さん(89)=本名・野村太良(たろう)。

 親授式後、受章者を代表して、田沼さんが「この栄誉を心におき、それぞれの分野において一層精進を重ねる決意でございます」とあいさつ。天皇陛下は「長年努力を重ね、大きな業績を収められ、文化の向上に尽くされたことを、誠に喜ばしく思います。どうかくれぐれも体を大切にされ、今後ともそれぞれの分野の発展のために、力を尽くされますよう願っております」と述べた。今年の親授式は、松の間に「即位礼正殿(せいでん)の儀」で用いられた高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)が置かれているため、竹の間で行われた。

 受章者は式後、記者会見に応じ、喜びを語った。吉野さんは首からさげた勲章に触れ、「重みといいますか、実際これ重いんです」と破顔し、「令和第1号ということで非常にうれしく思っております」と語った。写真の分野では初の受章者となった田沼さんは「いろんな方が文化勲章をとられた時に撮影していますけど、まさか自分が反対側に立つとは」と感無量の様子。会見場に持ち込んだカメラを手に「これが持てなくなったら私は終わり」とも語り、一同の笑いを誘った。

 天皇陛下が即位を宣言した「即位礼正殿(せいでん)の儀」にも出席した野村さんは、儀式でのおことばで、天皇陛下が上皇さまに触れたことに言及し、「伝統芸能に携わっている者も、前の時代の心を受け継いでいくということがとても大切」と改めて感じたと振り返り、「これからの舞台も、一生懸命つとめてまいりたい」と抱負を語った。(斎藤智子、中田絢子