[PR]

 台風19号の影響で延期されていた第33回東海マーチングコンテスト(東海吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は2日、三重県伊勢市の三重県営サンアリーナであった。高校以上の部と中学の部に愛知、岐阜、三重、長野、静岡の5県から計30団体が出場した。

 審査の結果、最も優れた演奏をした団体に贈られる「朝日新聞社賞」には安城学園高(愛知)、佐久市立浅間中(長野)が輝いた。金賞受賞校の中から、両校と愛工大名電高(愛知)、浜松商高、木曽川高(愛知)、愛西市立佐織中(愛知)、名古屋市立植田中が、24日に大阪市の大阪城ホールである全国大会に東海代表として出場を決めた。

 結果は次の通り。(演奏順。◎は全国大会出場)

 ◇高校以上パレードコンテスト…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら