[PR]

 フィギュアスケートの西日本ジュニア選手権は2日、大津市の滋賀県立アイスアリーナで女子SPがあり、選手と俳優の二刀流を続ける15歳の本田望結(みゆ、関大中)は48・27点で、17位だった。首位は河辺愛菜(関大ク)で64・18点。フリーは4日に行われる。

 本田に痛恨のミスが出たのは、演技後半だった。2回転半(ダブルアクセル)ジャンプを試みたが、回転が抜けて1回転半に。規定により無得点となり、順位に大きく響いた。演技を終えた後の表情は当然硬く、「練習でアクセルに苦手意識がついてしまって、それが出てしまった」。

 それでも、「(失敗の)理由は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら