[PR]

 考古学者の高倉洋彰・西南学院大学名誉教授(76)が、これまでに訪ねた中国の各地で食べた料理にまつわる思い出をつづった本、「中国D級グルメの旅」(花乱社)を刊行した。

 「D」とは「デラックス」の頭文字。「現地の人が食べているものを求めて、普通の旅行では出合えない食を体験してきたことは、豪華さとは別の『デラックス』だと思います」

 西南学院大に在職中の23年間に、研究や調査で45回も中国を旅した。特に関心を持ったのは麺類。「福岡の豚骨ラーメンのルーツが知りたかった」という。

 中国各地で見るのは、あっさりした関東風のラーメンに似た麺ばかり。だがついに、寧波(ニンポー)で牛骨スープながら豚骨ラーメンとそっくりの麺に出合った。「これこそルーツだ、と興奮して店主に聞くと、『福岡で働いていたことがあり、そこで食べたラーメンをまねた』と。結局、豚骨ラーメンは日本発祥のようです」

 2017年春に大病を患い、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら