[PR]

 南アフリカは、世界最高のフッカーと言われるマークスや3大会連続出場のローらを次々と投入し、勢いを増した。

 「ボム・スコッド(爆発的な集団)」だ。昨年から控え選手らをそう呼ぶ。主将のコリシは「どうすればやる気、違いを生み出せるか。ベンチの選手は常に考えている」。初戦でニュージーランド(NZ)に敗れた後、控え8選手に入れるFWを1人増やした。元々、世界最強と呼ばれていたFWをより前面に押し出すことで、戦い方が絞れた。チーム最年長、38歳のブリッツは英国でMBA(経営学修士)を取得中だったが、請われて復帰した。「ここにいることがどれだけ幸せか」。決勝はメンバー外だったが欠かせぬピースだ。

 準決勝。NZの3連覇を阻んだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら