[PR]

 犠牲者の思いとともに歩んでいく――。京都アニメーションの放火殺人事件の犠牲者を追悼するお別れの式典が2日、京都市左京区の「みやこめっせ」で開かれ、京アニの八田英明社長をはじめ、アニメ関係者や声優、国会議員ら約500人が集まった。参列した人たちは京アニを応援する言葉を口々に語った。

 式典の冒頭、犠牲者にもくとうが捧げられた。あいさつに立った西脇隆俊・京都府知事は「京都で夢を描き、世界中に夢を与えていたみなさまの無念を思うと、胸がしめつけられる」とし、「府が預かった義援金は責任を持って、被害者、ご遺族に届ける」と述べた。門川大作・京都市長は「苦しく厳しい中からの新たな出発だが、前進を祈っている」とエールを送った。

 多くの京アニ作品の音響監督を務めた音響制作会社「楽音舎」の鶴岡陽太代表は式辞で、「これからの道のりは、また一歩から始まるのではない。仲間とともに築いた礎の上に、5歩も6歩も進んだところから歩き始める。私はこれからも語り継ぐ」と力を込めた。そして続けた。「犠牲になった方々の思いを携え、ともに歩み、作品づくりを通して、何をしても人の思いまで断ち切ることはできないことを証明したい」

 事件現場近くでも運行する京阪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら