[PR]

 第1回全日本小学校合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)が3日、東京の新宿文化センターであり、県内からは広島市佐伯区の鶴学園なぎさ公園小が出場。金賞を受賞し、第2位にあたる朝日新聞社賞に輝いた。

 全国35都道府県から39団体が出場。中国支部代表のなぎさ公園小合唱クラブは、工藤直子の詩に三宅悠太が曲をつけた「いまの『いま』」など2曲を、大人びた豊かな響きと表現力とで披露した。

 藤山勝典教諭(64)は「いさかいやケンカをしながら成長する子どもたちに寄り添ってくれる歌を、と選びました」と話す。「大好きな歌です」という部長の河野心音(しおん)さん(6年)は演奏後、「主人公の、ひとりぼっちは寂しいけど誇らしい気持ちを表現しました。こんなにたくさん賞をいただいて、信じられません」とほおを紅潮させた。(魚住ゆかり)

こんなニュースも