弁護士一家殺害30年 坂本さん母、元幹部家族に思い

山下寛久
[PR]

 1989年11月、坂本堤(つつみ)弁護士(当時33)一家3人がオウム真理教の幹部に殺害された事件から4日で30年。坂本弁護士と妻都子(さとこ)さん(同29)、長男龍彦ちゃん(同1)の墓がある神奈川県鎌倉市の円覚寺松嶺院で3日、法要が営まれ、かつての同僚弁護士や母校・横須賀高校の同級生ら約30人が冥福を祈った。

 「その人の家族や知人の心の中に、その人が生き生きと存在し続けている限り、その人は『生きている』のではないか」

 坂本さんが所属していた横浜法律事務所(横浜市中区)の小島周一弁護士(63)は昨年、同事務所が定期的に発行する「事務所ニュース」に寄せた文章の中で、そう記した。

 事件当時、坂本弁護士は活動をはじめて2年半。志に燃える、一人の青年だった。小島弁護士は、横浜市内の幼稚園の廃園案件などをともに担当。夜も、酒を飲みながら仕事のことを語り合ったという。

 坂本弁護士が殺害されたのは、オウム真理教に娘が入信した母から相談を受け、教団の追及を本格化させ、被害者の会の設立に携わっていた最中だった。

 小島弁護士の中で、「坂本堤」は当時の姿のまま存在し続けている。「サッカーで、プレースタイルを尊敬しあっていたチームメートが大けがで選手生命を絶たれ、自分が残った、そういう感じかな」。ともに活動した2年半は一つの規範であり続けてきたという。

 数年前から、若手弁護士たちに一家殺害事件の話をするようになった。坂本弁護士は特別な事件に巻き込まれて命を落としたのだ、自分には無関係だと考える若手が多いと感じるようになったからだ。

 危険かもしれない相手を前にどう振る舞うべきか。弁護士会は個々の弁護士の活動を支えるために何ができるのか。多くの弁護士たちに、自分のこととして考えてほしいからだ。

 弁護士の活動で、市民が自ら危険や困難に対峙(たいじ)せざるを得ない事態を回避できる。それは、市民の権利が守られる社会の実現にもつながる――。小島弁護士はそう考えている。

 「二度と仲間が攻撃されることのないよう、守ってくれよな」。3日の墓参りでは、そのように語りかけたという。

 法要後、一家をしのぶ会があり、坂本弁護士の母さちよさん(87)も出席した。小島弁護士によると、さちよさんは一時体調を崩して休んでいた合唱団の活動も最近になって再開。家族らに見守られ、健康に過ごしている。この日、「以前に比べれば心穏やかに、息子たちを思うことができるようになった」と語ったという。

 また、教団の元幹部が昨年死刑を執行されたことについて、「(元幹部の)家族は命を絶たれて悲しいのは同じなのに、申し訳なさで気持ちを外に出すこともできない。どんな気持ちだろう」と思いをはせている様子だったという。(山下寛久)