[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯で得点を待つ「キス・アンド・クライ」に宇野昌磨(トヨタ自動車)はひとりぼっちで座った。「昌磨、昌磨」の大声援が届くと、目に涙を浮かべながらうつむいた。「うれしさと、なんか言葉では表現できない涙が出てきました」

 SP4位から巻き返しを狙ったが、フリーはさらに厳しい内容になった。冒頭の4回転サルコー、続く4回転フリップで手をついた。その後もトリプルアクセル(3回転半)ジャンプ2本と4回転トーループで転倒。「本当に多くのミスをしてしまった」

 総合8位となり、シニアのGPシリーズで初めて、表彰台を逃した。5季連続出場がかかるGPファイナル進出も絶望的になった。

 今季はメインコーチを置かずに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら