[PR]

 野球の日本代表「侍ジャパン」に対する思いが強い――。首脳陣からも他の選手たちからも信頼されていた秋山(西)が強化試合で死球を受け、右足指の骨折でチームから離脱した。追加で選出されたのが過去2年セ・リーグの最優秀選手に輝いた丸(巨)で、その穴埋めを期待される。日本シリーズが終わってから2週間弱というぶっつけ本番で「プレミア12」に挑む。

 3日、日本が1次ラウンドを戦う台湾・桃園国際野球場で行われた練習に、丸が代表合流後、初めて臨んだ。ノックでは、それまで秋山が守っていた中堅の守備に入り、打撃では坂本勇(巨)や菊池涼(広)と一緒に最後まで振り込んだ。

 「練習できるときに、なるべく練習したい」。丸がそう話したのには理由がある。日本シリーズ後は少し休み、その後、「体は動かしていた」という。ただ、来季に向けてバットを振ることやウェートトレーニングが中心で、実戦感覚はゼロに近い。この日は、ブルペンで山口(巨)の球筋を確認し、ストライクか否かを判断する場面もあった。「呼んでいただいた以上は準備をする。言い訳にならない」

 秋山の辞退が発表された1日の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら