[PR]

鹿児島市立武岡中学校

音楽は心と心を結ぶ虹

 2019年10月19日。名古屋国際会議場センチュリーホールで行われた全日本吹奏楽コンクール中学校の部に、特別な思いで臨んだ学校がある。初出場の鹿児島市立武岡中学校だ。

 顧問の内田貢は5月に60歳を迎えた。教員としては今年度をもって定年退職、再任用はあっても、武岡中に残れるとは限らない。

 「もしかしたら、内田先生と一緒に音楽ができるのは今年が最後かもしれん。絶対、先生と一緒に全国大会へ行こう!」

 部員たちは奮起して初めての九州代表の座をつかみ取ったのだ。

 内田は2005年に当時の国分市立国分中で一度、全国大会に出場し、金賞を受賞したことがあった。このときも国分中に勤務した最後の年だった。

 内田の指導法は「吹奏楽の神様」とも呼ばれた故屋比久勲に大いに影響を受けた。練習時間の半分以上はロングトーンを中心としたオーソドックスな基礎練習にあてる。

 「どこにも負けん音を作ろ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも