[PR]

 韓国大統領府は4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でバンコクを訪問中の文在寅(ムンジェイン)大統領と安倍晋三首相が同日朝、11分間、歓談したと発表した。ASEAN各国首脳と日中韓首脳の会談の直前に、文大統領が促す形で対話したという。

 大統領府報道官によると、両首脳は両国関係が重要との点で一致し、懸案を対話を通じて解決すべきだという原則を再確認。文大統領が「必要があれば高位級の協議も検討したい」と提案すると、安倍首相は「あらゆる可能な方法を通じて解決方法を模索するように努力しよう」と応じたという。報道官は「非常に友好的で、真摯(しんし)な雰囲気の中で歓談した」と説明した。

 日本外務省も同日、両首脳が対話したと明らかにし、「安倍首相から、二国間の問題に対する我が国の原則的立場をしっかりと伝えた」とした。

 文大統領と安倍首相は3日、夕食会での写真撮影の際に笑顔であいさつを交わし、握手をしていた。元徴用工訴訟問題などで日韓関係が悪化の一途をたどる中、韓国側はASEAN首脳会議にあわせて、昨年9月以来途絶えている首脳会談を開きたい意向だった。

 南米チリの首都サンティアゴで今月予定されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にも2人は参加するはずだったが会議が中止となっており、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が失効する今月23日の前だと、今回のASEAN首脳会議が顔を合わせる最後の機会となる可能性が高い。(バンコク=武田肇)