[PR]

 米国に住む重度の自閉症の男性が発した言葉が、母親によってツイッターに投稿され、大きな反響を呼んでいる。ほとんど話したことがなかった息子の言葉に母親は喜んだが、同時に、息子が一人で抱えていた苦しみも知ることになった。母親が朝日新聞の電話取材に、当時の心境を語った。

 男性は、フロリダ州ネプチューンビーチで両親と暮らすデービッド・ブロックさん(21)。重度の自閉症を抱え、質問に対して単語で答える以外、話したことがなかった。

 40歳でデービッドさんを出産した母親のケリーさん(61)は、21年間、片時も離れずに息子を見守ってきた。「できる限り良い人生を息子に歩んでもらおうと、ただそれだけを気にかけてきました」

 そんなデービッドさんが10月中旬、母親に向かって突然、言葉を発した。自宅のテレビで、大好きなアメフトを見ていた時のことだった。

 「アイ、ラブ、ジャグ、ワーズ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら