[PR]

 トランプ米政権は4日、イランの最高指導者ハメネイ師の側近ら9人を経済制裁の対象に指定したことを明らかにした。イランと米国が断交するきっかけとなった在テヘラン米国大使館人質事件の発生から4日で40年となったことに合わせた措置という。

 米財務省によると、制裁対象になったのは、ハメネイ師の子息や最高指導者事務所の高官ら。ポンペオ米国務長官は声明で「何十年もイランの人々を抑圧し、テロを支援してきたハメネイ師の軍や外交顧問らの闇のネットワークに資金が流れるのを阻止する」と述べた。

 制裁対象者は米国内の資産を凍結されるほか、米国人との取引などが禁じられる。ハメネイ師本人には今年6月、イランが米軍の無人偵察機を撃墜したことなどへの対抗措置として、経済制裁が科されている。

 一方、米国務省は4日、200…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら