[PR]

 5日午前4時40分ごろ、北海道小樽市稲穂4丁目で「建物から火が出ている」と通行人から119番通報があった。北海道警小樽署や小樽市消防本部によると、和菓子店「高山菓子舗」の3階建て店舗兼住宅が焼け、1階から男女2人が見つかり、病院に運ばれたが、死亡が確認された。80代の女性と50代の息子の2人が住んでいたとみられる。

 現場は、JR小樽駅から北東500メートルほどの住宅街で、観光名所の小樽運河にも近い。近くに住む60代女性は「2階から激しく赤い火が噴き出していた」と話した。

 高山菓子舗は老舗の和菓子店。近所の人によると、北海道特有の和菓子「べこ餅」が評判だったという。農林水産省のホームページによると、千葉県市川市で「菓匠(かしょう)京山」を営む和菓子界の重鎮、佐々木勝さんもこの店で修業した。