[PR]

 対馬市上県町佐護の対馬野生生物保護センターで2日、とらやま祭りがあった。「とらやま」とは、ツシマヤマネコの別名。語呂合わせから10月8日がツシマヤマネコの日に制定されたことにちなみ、2015年から毎年開かれている。

 同センターで飼育・展示公開していた3代目のツシマヤマネコ「福馬」が、7月に15歳3カ月の高齢で死んだため、この日、4代目の公開を始めた。福岡市動物園で飼育されていた4歳のオスだ。

 また、北九州市立自然史・歴史博物館の中西希学芸員による講演や、ツシマヤマネコのふんの分析体験、センターの治療室を見学するツアーもあった。

 環境省対馬自然保護官事務所の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら