[PR]

 女性のわいせつな行為をアダルトサイトで生中継したとして、警視庁は、東京都豊島区南池袋1丁目の自営業内山隆志容疑者(38)を公然わいせつの疑いで逮捕し、5日発表した。調べに対し、容疑を一部否認している。

 内山容疑者は、撮影場所として池袋駅周辺の高級マンションの部屋を複数借り上げ、ツイッターなどで女性に「出演」を持ちかけていたという。警視庁は2014年6月以降、このサイトから計約4億9千万円が支払われたのを確認。実態の解明を進めている。

 保安課によると、逮捕容疑は8~10月、動画配信サイト「FC2ライブアダルト」を使い、いずれも無職の23歳と24歳の女2人が池袋のマンションなどでわいせつな行為をする様子を生中継で配信し、サイト利用者に閲覧させたというもの。警視庁は女2人も同容疑で逮捕した。

 同サイトは視聴時間に応じて課金される仕組みで、今回の事件では1分あたり1円~600円の設定だった。内山容疑者はサイトから毎月1200万円ほどを受け取り、自らの取り分は500万~600万円。女2人は内山容疑者から60万~100万円を得ていたという。