[PR]

 災害の緊急時や復興期に役立つ商品を提供し続けるのが、ちふりや工業(山口市)。建設業で培ったノウハウを新たな商品開発に生かし、全国から注文が殺到している。

 本社の駐車場には、出荷を待つ「瞬作(しゅんさく)」がずらり。高さ1・3メートル、最も大きい所で直径1・3メートルある製品はじょうごのような形状で、袋をはめ込み、土を注ぎ込めば簡単かつ安全に土囊(どのう)をつくることができる。「台風19号の被害を受けた千葉県、西日本豪雨からの復興が進む広島県などから注文が殺到し、生産が追いついていない状態です」と、岩下芳人社長(62)が説明してくれた。

 創業から長年、建設業に取り組んできた。岩下社長が父から会社を引き継いだのは25歳の時。当時は仕事が少なく、経営的に厳しい状況だったという。事故やけがが少なくない建設業の現場で効率がよく、より安全に作業しようと、1990年代半ばから建設業と並行して商品開発に取り組んだ。

 転機は東日本大震災。2007…

この記事は有料会員記事です。残り760文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース