[PR]

 繁華街で通行人を居酒屋に勧誘する「客引き」が、福岡市中心部の主要駅周辺で増え、トラブルも相次いでいる。規制が厳しい自治体からの流入が主な原因とみられ、地元からは、条例制定による規制を望む声が出ている。

 9月中旬の夜、JR博多駅筑紫口(福岡市博多区)周辺。前掛けをつけたり、店のロゴ入りのTシャツを着たりした客引きが、行き交う人々に声をかける中、記者が歩いた。

 「居酒屋どうですか」。すぐに茶髪の男性が寄ってきた。「今ならすぐご案内できます。飲み物10%引きにしときますね」。丁寧な口調でメニューを見せ、店と無線でやり取りする。すぐに通りの一角にあるビルにたどり着いた。

 男性が案内するのはここまで。…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら