[PR]

 1995年の有馬記念を制するなどGIで4勝を挙げたマヤノトップガンが3日、死んだ。27歳で老衰が原因。日本中央競馬会が5日、発表した。現役時代の成績は21戦8勝で、95年の菊花賞や96年の宝塚記念、97年の天皇賞春を制した。現役引退後、北海道で種牡馬(しゅぼば)として活躍したあと、余生を送っていた。