[PR]

 サッカー少年・少女にとって、秋は「受験」の季節だ。中学3年生や小学6年生は、この時期に強豪高校やクラブチームのセレクションに挑む。合格のノウハウを授ける「家庭教師」として、年1千コマのレッスンを抱える人気コーチに秘訣(ひけつ)を聞いた。

 「いまのシュート、いいね!」

 10月上旬、夜間照明に照らされた東京都調布市のサッカーコートに谷田部真之助さん(38)の明るい声が響いた。

 谷田部さんは個人コーチとして、セレクションに挑んでいる小学6年と中学3年の男子2人を指導する。

 小6の仲本宗叶(そうと)さん(12)は、2年前から谷田部さんのレッスンを受けている。「どうプレーすればいいか、たとえ話がうまくて説明が分かりやすい」。母の奈央さん(41)も「所属チームよりも細かく見てくれ、子どもの個性にそった指導をしてくれる」と言う。

 中3の男子選手(15)は、全国高校サッカー選手権への出場歴がある強豪校に入ることが決まった。「谷田部さんなしでは、ここまでうまくなれなかった」と感謝する。週1回のレッスンで、費用は1時間約2万円。家計は楽ではないが、この選手の母親は「プロをめざすなら、子どものころからお金をかけないと」と言い切る。

 谷田部さんは高校サッカーの名…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら