[PR]

凄腕しごとにん

杜(もり)の都なつみクリニック院長

箱崎菜摘美さん(33)

 白衣の袖を少しまくり、クマのぬいぐるみの足元を見つめる。毛が抜け、生地の一部があらわになっている。ベージュ色の毛糸を細かくほどいて針に通し、縫いつけていく。元の毛と見比べながら、クリーム色や暗めの色の糸も混ぜて縫っては切りそろえ、ブラッシング。足元がみるみる、ふさふさになっていく。

 「日焼けで脱色した箇所もあれば、元のままの色の箇所もある。場所によって色の配分を変え、なじむようにしているんです」。都内の女性に「治療」を依頼された34歳のこのクマはまもなく「退院」した。

中国から取材も

 長年かわいがられて毛が抜けたり、生地が傷んだり、黒ずんだり。そんなぬいぐるみを修復する国内でも珍しい「ぬいぐるみ専門院」の院長を務める。これまでに治療したぬいぐるみは約7200体に上る。

 ぬいぐるみは家族――。そんな…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら