元警官「間違いなく冤罪」 母子3人殺害事件の初公判

有料記事

角詠之、大森浩志郎
[PR]

 2017年6月、福岡県小郡市の住宅で母子3人の遺体が見つかった事件で、殺人罪に問われた夫で父の元福岡県警巡査部長、中田充(みつる)被告(41)の裁判員裁判が5日、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)で始まった。中田被告は起訴内容を否認し、無罪を主張した。判決は12月13日の予定。

 中田被告は17年6月5日深夜から6日未明にかけ、自宅1階の台所またはその近くで、妻の由紀子さん(当時38)の首を何らかの方法で圧迫し、2階の寝室で、長男涼介さん(同9)と長女実優(みゆ)さん(同6)の首をひも状のもので絞め、それぞれ殺害したとして起訴された。

 最大の争点は中田被告による犯行かどうか。中田被告は罪状認否で「一切身に覚えがなく事実無根です。間違いなく冤罪(えんざい)です」と述べた。

 冒頭陳述で検察側は、夫婦関係の悪化など3人を殺害する動機があったと指摘。「被告の犯行を直接示す証拠はない」としつつ、中田被告が6月5日に子ども2人と就寝し6日早朝まで自宅にいたことや、第三者の犯行をうかがわせる事実がないことなどを挙げ、被告の犯行と主張した。

 一方、弁護側は「直接の証拠もなく、第三者や妻による犯行の可能性がある」として「犯人と断定できない」と主張。夫婦関係については「子育てにも関わっていて、犯行動機につながるようなものではない」と訴えた。

 事件当時、一家は4人暮らし。中田被告は県警本部の通信指令課員だったが、由紀子さん殺害の罪で起訴後、懲戒免職となった。(角詠之、大森浩志郎)

■検察側と弁護側、真っ向対立…

この記事は有料記事です。残り985文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。