「猫レスラー」に専売特許 空中で1回転、豪快反り投げ

有料記事

金子智彦 写真=林敏行
【動画】「反り投げ」の技を解説するレスリングの文田健一郎選手=遠藤啓生撮影
[PR]

技―WAZA

 自分の体の前方に投げる技が主流なだけに、後ろに投げる反り投げは「あまり人気のない、難しい技」。珍しい分、きっちりかければ面白いように決まった。その魅力にとりつかれて投げまくるうちに、反り投げは23歳の代名詞になった。

 正対する相手の背中に回した両腕をがっちりと固定(クラッチ)、相手の動きを封じた上で抱え上げ、ブリッジの体勢から後方へ豪快に投げ落とす。

 レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田(ふみた)健一郎(ミキハウス)は「僕のグレコは反り投げとともにずっとある。一番魅力的な技だと思う」と話す。

 成功のポイントは二つ。四つ身になって相手の後ろで組んだクラッチの固さ。そして、相手を上方へ持ち上げるときに、自分の下っ腹で突き飛ばす勢いだ。自由を失った相手は空中で1回転し、背中からマットにたたきつけられる。

 反り投げが文田の「専売特許」とされるゆえんは、投げる際にブリッジで反り返る角度が誰よりも深いことだ。一般的な選手は背中を十分に反らすことが出来ず、真っ逆さまではなく前方に飛んだ格好の相手は、顔や肩からマットに着く。

 角度のある美しいアーチ状の投げを可能にしているのが、「猫レスラー」の異名を持つ文田の背中から腰にかけた筋肉と関節の柔らかさだ。

 「僕のレスリングはすべて父…

この記事は有料記事です。残り680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント